Farmers

Mar 2016
Interview 02

生き方としての農業 (2/2)

得たものは、家族が一緒にいる時間。

仕事≒暮らし

— 中野さんの奥さんは、農家になってどんなところが良かったと思いますか?

中野さん(妻)

もともと彼と一緒に自然農の塾にも行っていましたし、環境に負荷をかけない暮らしがしたいとずっと思っていたので、今の仕事に行き着いたのは自然な流れの中でこうなったかなという気がします。 人生の時間の中で、仕事って、ある意味一番大きな時間を占めると言えますよね。その点でいえば、農業は仕事でもあるけど、私たちにとっては生き方そのもの。だから、有益な時間を毎日過ごせているなあって思っています。

中野さん(夫)

本当に一体って感じですね。生業だけど、生活。そして自然と向き合うという日々。

— 仕事と暮らしが渾然一体となっていると。大皿さんの場合は、どうですか?

大皿さん(夫)

確かに農家になって以来、仕事と生活が分かれている感覚がないですね。これで家族を食べさせている以上、もちろんお金のことも考えていますが、野菜の世話をしているときはただ純粋に自然と向き合っているだけという気もして、仕事として捉えていないようなところがあります。

大皿さん(妻)

生活と仕事が一体となっていることを妻の視点から語れば、農家になる前と後で我が家が変わったのは、「毎日家族4人でごはんを食べるようになった」ということです。 以前の仕事のときは、夫は一生懸命働いてくれていたけど、家に全然いられなかった。家族が一緒にいなかった。結婚して20年目になりますが、農家になるまで夫婦で一緒に買物に行くこともなかったんですよ。それが一転、今は毎日いつも一緒にいるように。だから家族としては良かったのかな。

中野さん(夫)

子どもさんにとっても、家族と一緒にいたり農作業を手伝ったりした記憶は、きっと大人になっても残りますよね。

ローカルの消費者とつながりやすい

— つくった野菜は通常どういう形で販売しているのですか?

中野さん(夫)

環境に配慮した商品を売っているショップが行っているマルシェに参加して定期的に販売させてもらっている他、基本は、野菜のセットをつくって毎週ないし隔週で直接販売しています。あとは、馴染みの八百屋さんに卸したり。 畑に直接買いに来られるお客さんもいますよ。近くに住んでいる方、顔の見える方との関係を一番大事にしています。

大皿さん(夫)

農家を始めた当初は直売所に出すくらいしか販売先がなかったですが、現在はEAT LOCAL KOBEに参加させていただいていることなどで人脈が広がりました。 それによりレストランとの提携が始まったり、関係のできた消費者の方に直接配達したり。その他、うちは農場の横に無人直売所を設置しているのですが、そこに毎日買いに来てくれるお客さんも結構多いです。

— 神戸で農家をするメリット・デメリットについて教えてください。

大皿さん(夫)

北海道のように広大な土地があるわけではないので大規模な農業をするには向いていないですよね。でも、逆に小規模農家にとってはこれだけ消費地が近いということは大きな魅力だと思います。実際、日本の農家の大半は小規模農家なわけです。レストランや街の消費者と直接つながりやすいし、配達も30分程度で行くことができます。   それと、私たちのように有機農法を選んでいる農家の場合にはこうした都市近郊の方が向いているのではないかと思っています。街に近いところであるほど、農薬を撒くことは周辺住民から嫌がられることもあります。

中野さん(夫)

神戸市で農家になるとしたら、北区か西区を選ぶことになると思いますが、北区は山に囲まれた農村の美しい風景と涼しい気候が特徴ですね。中央区や西区より2〜3度気温が低いです。 私は西区を選びましたが、比較的温暖だし、山・街・海どこも平均的に近いところが気に入っているからです。その分、車の交通量もそこそこ多かったり、少し行けば工業地帯もあったり、北区の農村地域と比べると純粋な田舎という風情ではないかもしれません。

農家を志す人に向けてメッセージ

— 最後に、これから農家を目指す人へのメッセージがあればお願いします。

中野さん(夫)

いろんな捉え方があるでしょうが、私自身は農家という仕事は楽しい、と思っています。大変だけれど自由ですし。 自給自足からスタートしてつくっているので、自分たちの食に対して不安もなく、安全な食をまっとうできる。人に提供することで喜んでももらえる。 また、自分の責任で全部の仕事ができるところも気に入っています。 一方で、仕事は絶えずあるし、自然と真正面から向きあわなくてはならない。その大変さを引き受けることができるのであれば、これほど楽しい仕事はない、というのが実感です。

中野さん(妻)

大皿さんのように有機農法で行っている方もいれば私たちみたいに自然農で行っている人もいて、ひとくちに農業と言っても多様な農法があるので、自分がどういう農法、どういう生き方で行っていきたいかをまずいろいろ見学したり経験されるなりしてから、揺るぎなく始めていかれるのが良いのではないかと思いますね。

大皿さん(妻)

うちの場合は、農家になったのが年齢的に遅かったですが、子どももそれなりにもう大きかったので、軌道に乗るまで大変だったということも本音ではあります。できれば子どもが小さいうちに始められた方が良いと思います。 また、今でこそ販路が広がって農業一本で食べていけるようになりましたが、始めて間もない頃は直売所だけしか販売先がなくて、あの時に夫がダブルワークで良かったというのが正直な気持ちです。 ただ、私たちの農場では見学者を積極的に受け入れているのですが、有機農法について学びたいと来られる若い方は以前より確実に増えてきています。私たちも仲間が増えたら嬉しいですし、これから始めようという方たちに、できるだけご協力はしたいと思っています。

大皿さん(夫)

昔は、農家になると言ったら何バカなことを、という雰囲気がどこかあったし、農家さん自身も息子には継がせたくないと言う人が多かった。けれども僕は、息子がやりたいというなら大歓迎です。この仕事は、本当は楽しい部分の方が多いと思うからです。 どの農法を選ぶのかも、生産規模も、そこで得たい収入イメージも、こうでないといけない、という決まりはない。自分は何を優先した暮らしがしたいのか、そこから決めていけばいいのではないでしょうか。 もちろん他の職業だってそうであるように、この仕事ならではの厳しさはついて回るでしょう。けれど楽しいと感じる瞬間があるなら、素直にこの世界に飛び込んだらいいと思います。